不正を防ぐ|コンタクトの在庫管理をスムーズ化|大幅な経費削減効果

コンタクトの在庫管理をスムーズ化|大幅な経費削減効果

男女

不正を防ぐ

IT

以前は勤怠管理は、タイムカードや自己申告で行われる事が一般的でした。しかし現在では勤怠管理システムも機械化されており、法令遵守などを進める効果があるとされています。現在は労働時間の法令遵守、すなわちコンプライアンスを守ることが全国的に重要であるとされています。現在の勤怠管理システムは機械化が進んでおり、管理の仕方も様々です。例えば、ICカードを使って勤怠管理するのは以前から一般的でしたが、ICカードの場合虚偽打刻を行うこともできました。そのため、現在では指紋や静脈による管理が行われています。指紋や静脈の場合不正な打刻を行うことはできないため、より厳密な勤怠の管理を行える事になります。その上、静脈打刻の場合、打刻が非常に簡単だという特徴もあります。その他にも、GPSを利用した認証システムやPCを用いた認証等が利用されています。とくにGPSを用いた打刻は社外でも打刻可能なため、より幅広く働く事も可能となっています。

タイムカードなどは、本人以外にお願いして遅刻や欠勤を免れるアルバイトなどもいましたが、そういった存在を無くす事ができます。こういった勤怠管理の機械化やシステム化が、会社の時間の管理にもなりますし、利益向上、社員のやる気向上に繋がると言ってもいいでしょう。また、タイムカードや出勤名簿などが要らないので、アルバイトや社員のプライバシー保護にも繋がります。そして長い目で見ると経済的にも効果的であると言えますので、導入する会社が増えてきています。